最新情報・レポート

特殊清掃の費用はどのくらい?費用の目安を解説|その値段の理由とは

特殊清掃の費用はどのくらい?費用の目安を解説|その値段の理由とは

 

身近な人や一人暮らしをしている人に不幸があったときは住んでいた物件を清掃しないといけません。場合によっては特殊清掃が必要なときもあります。特殊清掃に慣れている、という方はおそらくいないでしょう。慣れていないからこそ不透明で見えないところのある特殊清掃。依頼するときには少し不安になるかもしれません。

 

今回のコラムでは、特殊清掃とはどういうものであるのかを詳しくご紹介し、費用についてのことや業者を選ぶ際のポイントについてもご紹介していきます。故人の思いを大切にするためにも信頼のできる業者に特殊清掃を依頼するようにしましょう。

 

 

特殊清掃の費用はどのくらいかかる?

特殊清掃と聞いてどのようなイメージを浮かべるかは人それぞれだと思いますが、通常のハウスクリーニングよりも困難な作業であるのは想像できるかと思います。

 

特殊清掃の費用は状況によって大きく変動してくるので、「特殊清掃にかかる費用はこのくらい」と相場を出すことはむずかしいのです。まずは、そんな特殊清掃で発生する費用についてご説明していきます。

 

特殊清掃の費用の一例

特殊清掃といっても、単に部屋を掃除するわけではありません。賃貸物件の特殊清掃は再び部屋で生活できるような状態に戻さないといけないので、ときには畳を撤去したり、床や壁を貼り替えたりしなくてはいけなくなる必要もあるのです。以下に特殊清掃で発生する費用の一例をご紹介します。

 

【特殊清掃(床上)】

亡くなられた方の体からは体液が広がってしまい、床上に染み付いてしまうことがあります。遺体発見に時間がかかってしまえば、それだけ染み付きも落としにくくなります。洗浄費用は部屋の大きさにもよりますが、30,000円ほどでおこなっているところが多いでしょう。

 

【特殊清掃(浴室)】

浴槽で人が亡くなられた場合は遺体が溶け出してしまうので、交換しなければいけなくなることもあります。清掃費は50,000円くらいです。

 

【消臭、除菌剤の散布】

死臭は市販の消臭剤では対応できないほどのにおいがあります。現場の状況により適切な消臭剤や消毒剤を使用します。費用は10,000円ほどです。

 

【オゾン処理】

消臭剤を使用しても死臭を完全に取り除くことはできません。死臭を除去するためには消臭剤のほかに「オゾン消臭器」を使用します。オゾン消臭器はオゾンを発生させ、死臭の根本を除去します。費用はだいたい30,000円くらいです。

 

【畳の撤去】

畳の上で人が亡くなられた場合は、畳に体液と死臭が染み付いてしまうことがあります。こうなってしまうと、清掃ではにおいも汚れも取り除くことができません。畳は交換してしまいます。費用は3,000円くらいからです。

 

【1人あたりの人件費】

特殊清掃には高額な人件費が発生します。理由は後にご説明しますが、それだけ経験と技術が必要な職業なのです。人件費は1人あたり、20,000円ほど加算されます。

 

以上ご紹介した費用の合算された額が、特殊清掃の費用になります。前述しましたが、特殊清掃は状況によって額が大きく変動するので、ご紹介した額よりも高くなってしまうことがほとんどでしょう。

 

料金は現場によって大きく変わる

特殊清掃は現場の状況によって費用が変動するとご説明しましたが、具体的にはどのような状況になってしまうと費用が変動するのでしょうか。ここで詳しくご説明していきます。

 

【部屋の広さ】

当然のことですが、部屋が広い分清掃する範囲が増え、費用も高くなってしまいます。「汚れている箇所だけ清掃すればよいのでは」と思う方もいるかもしれませんが、死臭は家全体に染み付いてしまうほどなので、どうしても家全体のにおいを除去する必要が出てくるのです。

 

【遺体の死後経過日数】

遺体は死後経過日数が経つほど腐敗は進行し、死臭や床の染み付きが深刻化します。そうなってしまうと薬剤の使用量が増えたり、掃除に手間がかかったりしてしまうので、費用も高くなってしまうのです。

 

【害虫駆除】

遺体にはどうしても害虫が湧いてしまうものです。特殊清掃の中には、大量に湧いてしまったハエやウジなどの駆除費用も含まれます。

 

【遺品の量】

故人の遺品が多かったり、部屋に物が散乱していたりすると、当然清掃は困難になり、清掃の際にトラックを手配することもあります。そうなってくると、費用もかさみます。

 

【季節による腐敗の進行】

夏場であると腐敗が促進され、においの除去や害虫の駆除にも手間がかかります。汚れの状態が深刻な場合は、当然のことながら使用する薬剤の量も増えます。

 

【リフォーム】

汚れや死臭がどうしても除去できないときは、部屋をリフォームすることもあります。リフォームは最終手段であって、どの業者も清掃でできる範囲であれば清掃で済ませます。当然リフォームをおこなうと高額な費用が発生します。

 

特殊清掃の費用が安くならない5つのワケ

特殊清掃の費用が安くならない5つのワケ

 

以上ご紹介したように特殊清掃には特殊な薬剤やリフォームなどが必要になってくることがあるので、どうしても費用が高くなってしまう傾向があります。作業が困難なのは理解していただけたとは思いますが、具体的にどのような理由があって特殊清掃の費用が安くならないのかをご説明していきます。

 

人手が少ない

特殊清掃とは重い家具を運び出したり、畳を取り換えたりなど大変な労働力が必要になる仕事です。中でも大量のハエやウジが発生している環境で作業することや死臭の中作業することには、精神的に大きな負担がかかります。

 

そのため特殊清掃の仕事に就く人は減り、仕事を初めてもすぐにやめてしまうため、人手が少ないのです。

 

人件費が高い

離職率の高い特殊清掃は人員不足の傾向にあり、その中でもしっかりと現場を担当できる清掃員はほんの一握りです。さらに特殊清掃とは技術や知識が必要な職業であり、その知識や技術も簡単に身に付くものではなく、場数を踏まなければなりません。

 

このような理由もあり、特殊清掃の人件費は安くすることができないのです。

 

作業道具にお金がかかる

市販の薬剤などでは死臭は除去することはできません。ですから、特殊清掃では専用の強力な薬剤を使用しています。こういった薬剤はあまり世に出回っていないために生産量が少なく、費用も高額になってしまいます。

 

さらに特殊清掃時に着用する防護服も一度使用してしまうとにおいや有害な細菌類などが付着してしまうため、1件ごとに使い捨てをしています。

 

遺品整理、処分に手間がかかる

遺品を整理せずに処分してしまうと、貴重品や故人の思い入れのある品も誤って処分してしまうかもしれません。そのため、特殊清掃に取りかかる前に遺品はすべて確認して種類ごとに分ける作業をおこないます。この作業は時間と手間がかかるため、その分費用も発生します。

 

死臭を丁寧に除去する必要がある

遺体があったところを清掃しても死臭を取り除くことはできません。死臭は床やカーテン、遺品にまでも付着してしまいます。死臭を除去するためには大きな労力が必要になってくるのです。

 

以上のような理由があることから、特殊清掃の費用はなかなか安くはならないのです。安すぎる業者に清掃を依頼してしまうと、死臭が完全に除去されていなかったり、染みが残っていたりする場合があるので、信頼できる業者に依頼したいのであれば、ある程度の出費は覚悟しておいたほうがよいでしょう。

 

費用が安くなくても特殊清掃の業者に依頼しましょう

特殊清掃には高度な技術が必要になります。後に後悔しないためにも特殊清掃は通常の清掃業者に依頼するのではなく、専門の特殊清掃業者に依頼することをおすすめします。ではどうして、通常の清掃業者への依頼は避けたほうがよいのかをご説明していきます。

 

素人に死臭の中での作業は難しい

特殊清掃は経験を積んだ業者だとしても、専用の薬剤や機材を使用してようやく汚れやにおいを除去することができます。もし専門でない清掃業者が特殊清掃をしても、においや汚れを完全に落とすことは不可能でしょう。

 

また、死臭はあらゆるものに付いてしまうので、素人が誤った方法で清掃をしてしまうとかえってにおいが広がってしまいます。

 

通常の清掃業者では対応できない

死臭は一時的に除去できたとしても数日後に再び発生することがあります。先ほどもご紹介しましたが、死臭はあらゆるものに付いてしまうので、除去するためには高い技術と専門の薬剤と機材が必要なのです。

 

住居の大家や管理会社も不安

特殊清掃を賃貸物件でおこなう場合は再び部屋を貸し出せる状態に戻さないといけないので、においや汚れはしっかりと除去しなければいけません。においや汚れが完全に除去できていない場合は、人に貸し出すことはできません。物件を管理している方は今後のことも考え、特殊清掃は高額になってもしっかりとやってもらうことをおすすめします。

 

特殊清掃の業者を選ぶための6つのポイント

特殊清掃の業者を選ぶための6つのポイント

 

特殊清掃の費用は遺体発見までの日数や亡くなった場所、部屋の大きさなどにより費用が変動してきます。そのため詳しくご紹介することはできませんが、おおよそ50,000円~500,000円の費用がかかるといわれています。

 

費用が安すぎる業者はしっかりと清掃してくれるのか不安になりますが、費用が高すぎる業者も悪徳な業者ではないかと心配になるものです。ここでは、信頼のできる業者を見つけるための6つのポイントについてお話ししていきます。

 

相見積りをとる

信頼できる業者を見つけるためには相見積りを取るとよいでしょう。もともと費用の相場がわかりづらい特殊清掃業界ですが、複数の業者の見積りを取って比較することで、おおよその費用やサービス内容は把握することがきます。その中で自分が納得のできる業者に依頼するとよいでしょう。

 

作業内容の詳細がはっきりしている

作業する前になっても、作業内容や費用の内訳が不明確な業者への依頼は避けたほうがよいでしょう。作業が終了してから思わぬ費用を請求される危険性があります。できれば見積りの段階で、作業内容や費用が明確になっている業者に依頼することをおすすめします。

 

リフォームだけを勧めてくる

特殊清掃でどうしてもにおいや汚れが落とせないと判断された場合は、リフォームをすることがあります。残念なことに業者の中には、執拗にリフォームだけを勧めてきて高額の費用を取ろうとする業者も存在します。リフォームが必要な場合もありますが、本当にその判断が正しいのか、複数の業者に確認するとよいでしょう。

 

遺品整理をしてくれる

特殊清掃の費用の内訳には「遺品整理」が入っている業者もあります。前述しましたが、遺品の中には貴重品や故人の思い入れのある品が見つかることがあります。遺品回収しかおこなってくれない業者だと、これらの思い出の詰まった遺品も確認せずにすべて処分してしまいます。

 

費用は多少高くなってしまいますが、遺品を整理してくれる業者は特殊清掃も丁寧におこなってくれるところがほとんどです。故人の思いを大切にしてしっかりと特殊清掃もおこなってもらいたいのであれば、多少費用がかかっても遺品整理までおこなってくれる業者に依頼することをおすすめします。

 

経験が豊富

業者の中には未経験のアルバイトを雇って特殊清掃をする業者もあります。少しでも清掃が不十分であると、死臭は一時的には除去できても再び部屋に充満してしまうおそれがあります。このようなトラブルを避けるためにも、特殊清掃は実績のある業者に依頼するようにしましょう。

 

ホームページをもっている業者はほとんどの場合は実績もホームページに掲載しているので、参考にするとよいでしょう。また、口コミで評判のよい現場近くの業者に依頼するのもひとつの手段です。

 

相談にのってくれる

業者の中でも前向きに相談にのってくれる業者はこちらの要望もしっかりと聞いてくれることでしょう。相談しながらしっかりと特殊清掃をおこなってくれる業者は信頼のできる業者です。

 

まとめ

特殊清掃とは高い技術と知識が必要な仕事です。作業の困難さや人員の少なさから費用はどうしても高くなってしまいます。故人の思いを大切にしたい方やにおいや染みをしっかりと除去したい方は、多少高額になってしまっても信頼のできる専門の特殊清掃業者に依頼することをおすすめします。

 

信頼できる業者を見つけるポイントは、相見積りを取ったり、遺品整理もおこなってくれる業者を探したり、なんでも相談にのってくれる業者を探したりすることです。後悔しないためにも特殊清掃の業者は慎重に選ぶようにしましょう。

特殊清掃隊のサービス料金
  • 特殊清掃(床上)

    30,000円〜

    詳しくみる
  • 特殊清掃(浴室)

    50,000円〜

    詳しくみる
  • 消臭剤・除菌剤の散布

    10,000円〜

    詳しくみる
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7256

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103