賃貸マンションの孤独死 | 特殊清掃隊|清掃30,000円~:現地調査&お見積り無料

最新情報・レポート

賃貸マンションの孤独死

賃貸マンションを経営している方がリスクとして認識しなければいけないのが住人の方の孤独死でしょう。厚生労働省の統計によれば、立会者の居ない死亡者のうち七割近くが男性になります。人付き合いが減ってくる、定年退職者が多い60歳から孤独死のリスクが急に増えだし始め、一番孤独死が多い年代が60歳から64歳という隙間の年代になります。この隙間は退職から年金受給までの金銭的に無収入の隙間であり、壮年から老人への移り変わりの時期である隙間にあたります。人付き合いも減り、収入も一時に比べれば落ちた60代前半に亡くなってしまった場合、近隣の住民も老人や病人と認識していないために「旅行でも行ったのでは」と考えることが多く、結果として死体の発見が遅れてしまうことがあります。賃貸マンションの経営をされている方にとって、この発見の遅れによって腐敗してしまった遺体および死体のある部屋の原状回復のトラブルが、近年の孤独死の増加によって増えています。通常の原状回復業者では清掃が難しいため、原状回復のために特殊清掃を行う必要があります。費用や状況によって原状回復の対処の方法は違いますし、警察による死体の検視などで清掃の足止めを食らってしまう可能性もあります。もちろん遺族の方への配慮もしなければなりませんし、マンションの住民への配慮も必要ですので、特殊清掃業者を今のうちに調べておくことが重要といえるでしょう。転ばぬ先の杖と言いますが、大家さんに定期的な訪問をしてもらう事や、もし孤独死してしまった際の対処法などを前もって行うようにしましょう。当サイトでは特殊清掃の業者を数多く紹介しておりますので、ぜひご活用ください。

特殊清掃隊のサービス料金
  • 特殊清掃(床上)

    30,000円〜

    詳しくみる
  • 特殊清掃(浴室)

    50,000円〜

    詳しくみる
  • 消臭剤・除菌剤の散布

    10,000円〜

    詳しくみる
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7256

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。