最新情報・レポート

腐敗臭は取り除くことが可能か?強烈な臭いの除去はプロのワザが光る

 

たとえばご親族の死や、遠縁のかたが孤独死を遂げたときなど、発見に日数を要した場合、強烈な臭いを発しているケースがあります。突然のことだと気も動転してしまうでしょう。高齢化社会となり、孤独死が増えてきた世の中、対処法を知っておいて損はないです。

 

孤独死が増えたことによって、増えつつある腐敗臭の発生は、強烈な臭いを放ち時間が経つごとに対処するのが難しくなります。そのため、腐敗臭は早急な対処が必要です。

 

「でも、こんなに強烈な臭いを、自分たちだけで消すことはできるのだろうか?」というかたには、業者に依頼するなどといった対処法があります。「腐敗臭はなぜ起こるのか?」「腐敗臭によっておこる被害」「腐敗臭はどう対処したらいいか」などをお教えします。

 

 

早急に取り除くべき腐敗臭、その正体とは?

 

腐敗臭が発生する主な原因は、孤独死による死後の発見が遅れた場合で、死体の発見までに時間がかかるほど、その発生する臭いは強烈なものに変化していきます。その原因は、主に人間の体に含まれているタンパク質です。腐敗し、徐々に臭いが変化していきます。

 

腐敗臭ってどんな匂い?気になるほどの強烈?

腐敗臭をたとえるなら、主に「タンパク質が腐ったような臭い」といわれています。ほかにも「チーズが腐ったような臭い」、「マンゴーやバナナなどの甘ったるく、淀んだような臭い」、など様々ではありますが、どれも不快な臭いを発生させていることがわかります。

 

また、環境によっても臭いの種類が変わってきます。現場が水中であった場合、ヘドロより強烈な臭いを放つこともあるといいます。想像しただけでも、凄まじい臭いであることが想像できるでしょう。蒸し暑い環境など、条件によって度合いや種類が異なってきます。

 

腐敗臭による二次被害に気を付けて!

腐敗臭はただ臭いによる被害だけでなく、害虫を引き寄せたりもするので注意が必要です。害虫による二次被害は、ご近所トラブルにまで発展する可能性があります。また、害虫が死体などに対し、卵を産みつけ大量発生する危険性があるため、早急な対策が必要です。

 

腐敗臭は腐乱レベルによって決まる!遺体の変容過程

セルフネグレクトの孤独死はゴミ屋敷と深い関係が!

 

腐敗の過程としてまずはじめに、消化器の胃や腸から腐敗が始まります。2日目は腐敗ガスを発生させます。腐敗ガスは、腐敗臭が発生する大きな原因です。腐敗ガスが腐敗臭につながるといってもよいでしょう。その後、時間が経過すると遺体の静脈が膨れ始めます。

 

さらに時間が経過すると、腐敗が進行します。腐敗の度合いによっては広範囲による腐敗臭で家の外まで臭い始めます。家の外まで臭ってきますと、ご近所トラブルにまで発展する可能性もあるでしょう。腐敗臭は、それだけ強烈な臭いを発生させています。

 

また、腐敗は夏場などになると熱さや湿気により進行が早くなるため、1日で腐敗臭が発生をはじめることもあるそうです。夏場はとくに早急な対応が必要となるでしょう。

 

もし家族の遺体を発見してしまったら?

家族の遺体を発見してしまった場合、まずは気を落ち着けましょう。突然のことで気が動転してしまうかもしれませんが、まずは一旦深呼吸をすることが大切です。気持ちが落ち着いたら、状況によって救急車などを呼び、葬儀の手配などをおこないます。

 

残ってしまった腐敗臭を、個人で完全に取り除くのは難しいといえます。強烈すぎる腐敗臭は立ち入るだけでも厳しいですし、残された遺族は心情的につらい状況にあるからです。また専門的な消臭剤が必要となりますので、個人で対策するより依頼したほうが安心です。

 

腐敗臭を取り除くのは素人では難しい

時代が求める、特殊清掃員という仕事

 

腐敗臭はただその原因を除去するだけでは、対策することはできません。腐敗臭が発生した部屋、または近くにあるものなどに臭いがこびり付いてしまいます。こびりついてしまった臭いは、ただ洗うだけでは除去することはできません。

 

腐敗臭を取り除くためにしなければならないこと

まずは、腐敗の元を処理するところから始めます。現場近くにある腐敗体液が付着しているものは処分し、腐敗体液が残っているものは、余すところなく清掃することを心がけましょう。少しでも残っている場合は、十分な消臭とはいえません。

 

また、処分や清掃をおこなう際には、気を付けることがあります。それは、腐敗体液を広めてしまうことです。腐敗液体は、少し残っているだけでも強烈な臭いとなって残り続けるため、腐敗臭を根本的に取り除くためには、必ず除去しなければいけません。

 

腐敗臭の臭いを個人で消臭する際に、まず使ってみようと思い立つのは「芳香剤」ですが、「芳香剤」は処理としては適切とはいえません。「芳香剤による香りの成分」がなくなってくると、再び腐敗臭が発生しはじめてしまうのです。

 

ただ、マンションなどで腐敗臭が発生してしまった場合は、個人での作業では大家さんなどに納得してもらえないことが多いです。考えてみれば納得ですが、マンションに腐敗臭がこびりついてしまうと、次の住人が入ることができなくなってしまうからです。

 

そのようなトラブルの発生を防ぐ意味でも、腐敗臭の処理は業者に依頼をすることがオススメです。特殊清掃業者がおこなう主な作業内容は、以下の通りです。

 

・腐敗臭による害虫駆除

・死臭元の除去作業

・死臭の消臭

・遺品の回収

 

料金などは平均数万円~数十万円となっており、消臭する現場の広さや特殊清掃業者によっても料金に幅があります。そのため、依頼をする前には見積りを依頼するのがよいでしょう。

 

まとめ

遺体の腐敗する速度はとても早いため、発見した場合などはできるだけ早く対応することが大切です。腐敗が進むほど、腐敗臭はどんどん広がっていきます。また、害虫の発生の危険もあるため、遺体を処理したあとに残った腐敗臭も早急に対処しなければなりません。

 

個人でする場合、腐敗体液と害虫などに注意しながら、残すところなく清掃しましょう。少しでも腐敗体液が残っていると、臭いはいつまでたってもなくなることはありません。

 

業者に託してしまえば、清掃や適切な対応もしてもらえるでしょう。料金の見積りを依頼し、費用面での安心も得てみてください。腐敗臭の処理は、業者依頼が最善策といえます。

 

特殊清掃隊のサービス料金
  • 特殊清掃(床上)

    30,000円〜

    詳しくみる
  • 特殊清掃(浴室)

    50,000円〜

    詳しくみる
  • 消臭剤・除菌剤の散布

    10,000円〜

    詳しくみる
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7256

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます