動物の死骸の処理をすることも | 特殊清掃隊|清掃30,000円~:現地調査&お見積り無料

最新情報・レポート

動物の死骸の処理をすることも

特殊清掃業の作業員は、人だけではなく動物の死骸の処理をする事もあります。
特殊清掃業の作業員の多くは、手で直接動物の死骸の処理をするのではなく、手袋をし、シャベルなどの道具を使って回収・処理をすることが多いそうです。
生きている動物ではないので、なるべく素手では触りたくないですよね。
しかし、道具を使って回収・処理をするといっても、手と同じように扱えるわけではないですから、うまくいかないこともよくあります。
うまくいかない原因の1つとしてよくあるのが、あまり想像したくはありませんが、遺体の腐敗が進みすぎている場合です。
腐敗が進みすぎている場合、回収の途中で体が分かれてしまい、1体の動物の体としての回収が非常に大変になってしまうことも多いそうです。
何が大変な状態になってしまうのかというと、遺体の臓器の処理の問題です。
この臓器の処理というのが大変問題で、腐敗によって体が分かれてしまうと、臓器も同じように、分けながら回収しなくてはならないハメになってしまうのです。
人間より遥かに小さな動物の遺体の回収・処理でさえこれだけ大変なのですから、特殊清掃業という仕事はメンタルの強い人でないと勤まらない仕事ではないのでしょうか。

特殊清掃隊のサービス料金
  • 特殊清掃(床上)

    30,000円〜

    詳しくみる
  • 特殊清掃(浴室)

    50,000円〜

    詳しくみる
  • 消臭剤・除菌剤の散布

    10,000円〜

    詳しくみる
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7256

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。