最新情報・レポート

なぜ発見が遅れるのか

清掃業の一種である特殊清掃。事件現場清掃業と呼ばれることもあり、まさに事件、事故、自殺や孤独死などがあった部屋の清掃業務を担っているのです。部屋で亡くなった方が発見されるのが遅れ、腐敗が進んでいる場合、室内に染み付いている体液、臭いを取り除くのが非常に大変なのです。そういった部屋でも、原状回復をして再び使用できる状態にしなければなりません。通常の掃除では対処しきれませんが、特殊清掃という仕事があるおかげで、解決することができます。この特殊清掃という仕事も、知名度が上がってきましたが、同時に孤独死という問題が注目されています。一人暮らしをしている世帯が増加傾向にあり、近隣との交流が少ないという方も増えています。そういった方が、自室で病死したり、事件に巻き込まれたりした場合、普段から交流がない分、近隣住民に気づかれにくいのです。そのまま数日、数週間が経過してしまった結果、遺体の腐敗が進むことで異臭が漂い発見されます。高齢者の場合、訪問ヘルパーによって早めに発見されるケースもありますが、在宅介護を受けていない、近隣との交流が少ないという場合には、発見されにくいでしょう。自分の死後、発見が遅れないようにするためには、日頃から近隣との交流を持つようにしましょう。

特殊清掃隊のサービス料金
  • 特殊清掃(床上)

    30,000円〜

    詳しくみる
  • 特殊清掃(浴室)

    50,000円〜

    詳しくみる
  • 消臭剤・除菌剤の散布

    10,000円〜

    詳しくみる
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7256

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。