最新情報・レポート

死臭の対応

自殺現場や遺体に遭遇することなんて珍しいことです。しかしもし自分の身近で起こったときにどうするか知識があると少しでも違うのではないでしょうか。
遺体が存在していた現場で一番やっかいなのは死臭や血の汚れかと思います。特に死臭は目にみえないのでやっかいですよね。
自力で死臭をなくすことはまず不可能だといわれています。
死臭は遺体があった場所からするのは当然です。その場所や布団などを掃除するだけでは死臭はなくならないことが多いです。
意外かと思うかもしれませんが、部屋に置いてある家具や電気製品にも死臭が付着しているのです。また、カーテンやレール、その部屋のほこりなどにも死臭がついています。プロの方に頼むとこれらもすべて対応していただけます。また、床や天井なども特殊な消臭をしてくれます。なかなか自分でここまでできないですよね。
もちろん最後には死臭がないか念入りに何度もチェックしてくれるようです。消臭できていない場所があれば原因を探し、消臭するまでやってくれる業者も見あります。
また死臭だけではなく体液があった場合も自分で処理しない方がいいでしょう。見えないうちに体液が垂れていたら、そこからまた臭いがしてきます。
一人で処理する前に特殊清掃のプロに相談してみることをお勧めします。

特殊清掃隊のサービス料金
  • 特殊清掃(床上)

    30,000円〜

    詳しくみる
  • 特殊清掃(浴室)

    50,000円〜

    詳しくみる
  • 消臭剤・除菌剤の散布

    10,000円〜

    詳しくみる
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7256

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。