最新情報・レポート

死と向き合う仕事

日本が現在抱える社会問題の一つが高齢者の孤独死です。身寄りのない高齢者や独居老人が心肺停止などで亡くなられることが多く、年間で3万人もの孤独死者が出ていると言われています。しかし、この悲しい現場で死と向き合う仕事があります。それは「特殊清掃」と呼ばれる仕事です。遺体が長時間放置されることで死臭が広がり、遺体の状態も悪くなってしまいますが、特殊清掃の業者の方によって部屋の原状回復や遺体のエンバーミングが行われているのです。エンバーミングとは外見回復処置のことで、遺体の状態が悪い場合に修復を行い長期保存を可能にする状態に回復させます。また、特殊清掃では部屋のゴミ処理や害虫の駆除も行います。孤独死が発見されないまま時間が経過することでゴミの状態や死臭が酷くなってしまい、近隣の住民に迷惑をかけてしまいます。この状態が続けばハエなどの害虫問題にも発展しますが、特殊清掃の業者の方がゴミの処分や室内の消毒を行うことでこのような問題が起きずに済んでいるのです。世界でもこの特殊清掃は悲しい仕事として知られており、孤独死以外の人の死の現場にも立ち会うのでとてもつらいものですが、亡くなられた方の供養のためにも必要な仕事なのです。多くの人が避けたがる作業ですし危険を伴う仕事ですが、人の死には最期、人が向き合わなければなりません。もし、誰かの死の現場に立ち会ったりゴミ屋敷が見られた場合は、特殊清掃業者に原状回復をお願いしましょう。

特殊清掃隊のサービス料金
  • 特殊清掃(床上)

    30,000円〜

    詳しくみる
  • 特殊清掃(浴室)

    50,000円〜

    詳しくみる
  • 消臭剤・除菌剤の散布

    10,000円〜

    詳しくみる
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7256

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。