最新情報・レポート

孤独死の後の手順

親族の方の孤独死を知ったとき、途方に暮れることも少なくないと思います。ここでは、賃貸住宅で起こった孤独死への対応手順をご紹介します。

たいていは近隣住民のかたから異臭などについての苦情が寄せられ、不動産屋や大家さんが遺体を発見するため、ご家族が事態を知ったころには、発見者によって通報がされた後という場合がほとんどのようです。それから警察がご家族へ連絡をします。しかし、仮に身内の発見によって孤独死が判明した時にも、まず警察へ通報しましょう。それから葬儀社に手続きを行います。
次に、孤独死があった部屋の清掃を行います。賃貸住宅であればできるだけ早く消臭や片づけをしなければならず、その月のおわりまでに清掃を終えるのが一般的です。特に死臭の除去作業はハウスクリーニングではできない場合があるので、特殊清掃のプロの方に依頼をしましょう。
最後に、銀行口座、健康保険や年金、公共料金など各種の手続きをします。死亡届などの書類の提出を先送りにしていると、知らないうちに法に触れるなど不利益を被る場合もあるため、必要な届け出や手続きは必ず行いましょう。
突然の事態に動揺することもあると思いますが、焦らずに行動するようにしましょう。どうすればよいかわからなくなってしまった場合は、警察や葬儀社、清掃業の人など、専門的な知識を持った人に相談してみると、親身になってもらえるかもしれません。

特殊清掃隊のサービス料金
  • 特殊清掃(床上)

    30,000円〜

    詳しくみる
  • 特殊清掃(浴室)

    50,000円〜

    詳しくみる
  • 消臭剤・除菌剤の散布

    10,000円〜

    詳しくみる
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7256

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。